素敵な景色のプレゼント

素敵な景色のプレゼント

帰りも当然バスと電車だったが、幸代に行きのような残念感は無い。
それどころか、飛行機の操作や無線のこと、機械の役目とか聞きたいことが山ほどあって、このまま電車も時間も止まって、いつまでも話をしたいと思った。

ご馳走って何だろう

電車が新宿に到着するとヘタレ男さんが言った。


avatar

お腹すきませんか?僕はすきました。

はい、少し。

avatar

avatar

じゃあ、おすすめのお店があるので、ご馳走させてください。


近くの立ち食いソバの暖簾をかき分けながらヘタレ男さんが言った。

avatar

ここ美味しいんです、僕はコロッケソバ、君は?

同じのをいただきます。

avatar


ヘタレ男さんはどこからか椅子を持ってた。

avatar

ここのソバはコシがあってダシも美味い、立ち食いと書いてあるのに椅子が有って座れるし、コロッケも美味しくて最高なんだ。


カウンターにチケットを6枚並べると、中のスタッフに言った。

avatar

コロッケそば2つにコロッケ2個づつ追加でお願いします。

えっ、コロッケソバにコロッケ追加って、コロッケの大盛りなの?

avatar

avatar

大丈夫、君の体重なら食べれると思うよ。

ここでそれを言うかなぁ!

avatar


幸代は思った。
車で来ると思ったら電車とバスで、手漕ぎボートかと思ったら飛行機丸ごと独占フライト、その後ご馳走が立ち食い蕎麦なんて、ジェットコースターみたいなアップダウンデートだ。
それに、それに、そもそもこれは、デートなのか???

3個目のコロッケを飲み込んだ時、幸代の口が勝手に動いた。

奥さんはいるんですか?

avatar

avatar

結婚をしたことはないです。

恋人は?

avatar

avatar

ドイツで働いていたときにいたけど、6年前に交通事故で亡くなりました。

不躾な質問をしてご免なさい。

avatar

avatar

気にしないでください、5年前にスペインで遭難したときに吹っ切れました。

飛行機で遭難されたときに怪我はなかったんですか。

avatar

avatar

怪我は無かったけど、亡くなった彼女が夢に出てきて、もう充分よ、って言ったんです。

一年間ずっと探していたんですね。

avatar

avatar

はい、空を眺めるのが好きな女性でしたので、空から探せばまた会えるような気がして、会社を辞めて飛行機の免許を取ったんです。

このまま独身で過ごされるんですか?

avatar

avatar

そんなことはないです。

結婚のご予定とかは?

avatar

avatar

ないけど、僕は一人で暮らしているんで家族がいたら楽しいだろうと思ってます。


幸代計算機がシナプスを突いた。
人生は1度だけ!

幸代は反射的に立ち上がって言った。


結婚してください!

avatar

avatar

えっ、誰が?

あなたが!

avatar

avatar

誰と?

私と!

avatar


言ってから幸代は自分の声に驚いて狼狽えた。
この先は、幸代計算機では予測不能だ。

驚いた顔をしながら、ヘタレ男さんが言った。


avatar

じゃあ、一歩下がってこの指を見てください。


カウンターの反対側に2人いたお客は幸代の声に驚いてソバの丼を持ったまま、口を半開きにして幸代を見ていた。

avatar

僕が左右の手の指を前後させるから、横に並んで見えたら、はいと言ってください。


ヘタレは右手の人差し指を前に出し、左の人差し指を自分の胸に当てて、だんだんと右手指を自分の方へ、左手指を前に動かした。

指が並んだように見えたところで、幸代は言った。


はいっ!

avatar

avatar

うん、ぴったりだ、結婚しましょう!

これって何かの占いですか?

avatar

avatar

目の検査!揃わないと免許取れないんだよ。

何の免許?

avatar

avatar

飛行機!

誰がとるの?

avatar

avatar

君が!

私が飛行機の免許取ってどうするの?

avatar

avatar

大空を2人で飛ぶんだ!


丼を持ったまま口を半開きにして見ていた2人のお客は、丼をカウンターに置くと拍手をした。
カウンターの中でかき揚げを作っていた2人のスタッフも拍手をしながら言った。
おめでとうございます!

幸代は見知らぬ人の拍手をこんなに暖かく感じたのは初めてだった。
二人は拍手しているカウンターのお客と中のスタッフにお礼を言った

avatar

ありがとうございます!

あ、ありがとうございます。

avatar


ソバを食べかけていた2人のお客も、おめでとう~!と言って再び拍手をした。
拍手に送られて2人は立ち食いソバの店を出ると手をつないで歩き始めた。

お客の一人が 今日は良い日だなぁ! と言うと、
もう一人のお客も そうだ素晴らしい日だ! と言って、2人は握手をしていた。

その場に立って息をしているだけで精一杯の幸代が尋ねた。


あなたは何者なの?

avatar

avatar

普通のサラリーマンだよ。

そんな、そんな、フツーではないでしょう!

avatar

avatar

会社には個性的な人が多いけど、僕は普通です。

あなたが、フツー‥。

avatar


フツー、フツー、フツー‥
幸代計算機は壊れてしまった。
2人は新宿駅の南口に着いていた。


avatar

明日の日曜の午前中は家にいますか?

はい、いると思いますが‥。

avatar

avatar

では、結婚のご挨拶に伺います。

えっ、誰が?

avatar

avatar

僕が!

誰に?

avatar

avatar

あなたのご家族に!

家、分かるんですか。

avatar

avatar

はい、フライトカードに書いたのを見ました。

あなたはどこから来るんですか?

avatar

avatar

同じ駅だったんです、ただ反対側だから歩いて30分位かな。

同じ駅なんだぁ、なら帰りの電車も‥。

avatar


幸代が改札口へ向かおうとすると、ヘタレ男さんが改札と反対の道路を見ながら言った。

avatar

じゃ、僕はこれから用事があるので今日はこれで。


言い終わらないうちにヘタレ男さんは走り出した。


えっ、名前、あなたの名前~!

avatar

幸代が聞いたが、目の前に止まった大きなクレーン車のクラクション音にかき消されてしまった。
ヘタレ男さんは止まっているクレーン車に乗り込んで手を振ると、後続車にクラクションを鳴らされながら走り去った。

一瞬の出来事だった。


結婚相手は変わっている人

新宿からどこをどう歩いたのか、電車に乗った記憶もなかったが、幸代は家に帰った。
両親は遅めの昼食中、と言ってもまだ午後1時を少し過ぎたところだったが…。

ただいまぁ。

avatar

あら、早いのね、ご飯食べる?

avatar

立ち食いソバ食べた。

avatar

おソバじゃお腹空くでしょう、少し食べる?

avatar

いらない、コロッケが3個入ってた。

avatar

まあ、そんなに沢山ご馳走になったの?

avatar

うん、ご馳走というかなんか‥。

avatar

avatar

フラフラしてるぞ幸代、具合でも悪いのか?何かされたのか?

何にもされてない‥、いや‥、目の検査をされた。

avatar

殴ったり蹴ったりとかは?

avatar

してない、ていうか私が暴れたことなんて、あるか‥。

avatar

avatar

それとも船酔いか?

船は無かったの!

avatar

船がなくてどうしたの?

avatar

飛行機だったの。

avatar

avatar

そうか、スカイクルーズか、最高だなぁ!

avatar

しかし、ドライブして遊覧飛行して、なぜ立ち食いソバなんだ?

ドライブはしてない、電車とバスで往復。

avatar

avatar

一点豪華主義か、堅実な奴だな。

もしかして、飛行機は見ただけ?

avatar

avatar

それとも、大勢での乗り合いか?

2人だけ。

avatar

凄いわ、貸し切りチャーターフライトじゃない。

avatar

違うの、チャーターじゃなくてレンタル。

avatar

レンタル?

avatar

avatar

操縦は?

ヘタレ男さんが操縦した。

avatar

やだ、パイロットだったの?

avatar

違う、普通のサラリーマン、って言ってた。

avatar

avatar

名前は?

分からない、聞いたけどクレーン車のクラクションがうるさくて聞こえなかった。

avatar

工事してたの?

avatar

ううん、ヘタレ男さんクレーン車に乗って行っちゃったの。

avatar

avatar

飛行機にクレーン車か、変わってるなぁ。

小型船舶の免許もあるって言ってた。

avatar

それって、自衛隊の特殊部隊の人じゃない?

avatar

avatar

特殊部隊ならば、酔っ払いに絡まれたりしないだろう。

それもそうねぇ。

avatar

avatar

良く分からない、何があったんだ?

プロポーズした。

avatar

あら、初デートでプロポーズされたなんて良いじゃない。

avatar

違うの、私がプロポーズしたの‥。

avatar

avatar

なんで、お前がプロポーズ?

分からない、気が付いたら言っていたの。

avatar

avatar

それで、どうした?

キスして目出たし目出たしとか?

avatar

だから、目の検査されたの。

avatar

avatar

何で目の検査?

飛行機の免許取るのに必要なんだって!

avatar

誰が飛行機の免許取るの?

avatar

たぶん私が‥。

avatar

それでどうするの。

avatar

2人で大空を飛ぶんだって!

avatar

わあ、素敵ね、私も飛びたい!

avatar

avatar

で、結婚はどうなった?

目の検査合格だから結婚するって。

avatar

avatar

かなり変わった奴だなぁ。

会社には個性的な人が多いけれど、自分はフツーだって。

avatar

avatar

会社じゃなくて秘密組織とかじゃないのか?

明日、うちに結婚の挨拶に来る。

avatar

avatar

それを先に言ってくれよ。

ヤダ、美容院行かなくちゃ。

avatar

avatar

庭の池のボートを何とかしないといけないかな。

あ、お爺ちゃん来てたの?

avatar


いつの間にか、隣家に住む幸代の母親の父、祖父が立っていた。


avatar

外を通ったら門が開いてたから入ってきたけど、玄関も開いたままで不用心だよ。

幸代が結婚することになったのよ!

avatar

avatar

それは目出度い、いつ決まった?

今日のお昼、新宿の立ち食いソバ屋さんで。

avatar

avatar

いつから交際してたんだ?

してない、これから!

avatar

avatar

それは、結婚を前提に交際からってやつだろう。

違うの、フライトを前提に結婚なの。

avatar

avatar

よく分からん、何だか眩暈がしてきた。

avatar

明日、先方の方がご挨拶に来るんです。

avatar

そりゃあ大変だ、散髪に行ってこよう。

ところで、先方のお名前は?

avatar

分からない!

avatar

avatar

プロポーズされた時に名乗らなかったのか?

だから、プロポーズは私がしたの‥‥‥。

avatar

avatar

ますます分からん、頭が痛くなってきた。

お父さん、後でお母さんも呼んで説明するから、床屋さん行ったらどう?

avatar

avatar

お義父さん、散髪に行く前に池のボートを運ぶのを手伝って下さい。

avatar

うちの庭へか?

avatar

境の木戸外せば移動できるでしょう。

avatar

そうだな、確かに庭の小さな池に手漕ぎボートが浮いてるのは、見る人によっては変に思われるかも知れないな。

ビーチパラソルも畳まないといけないわね。

avatar

avatar

そうだよ、まだ3月なんだから、ビーチパラソルは4月にならないと変だよ。

家族会議は作戦会議

幸代の祖母も加わって幸代の話を聞いていると日が暮れていた。

avatar

ところで明日、先方は何人で来るんだい?

ご両親はお見えになるでしょうね。

avatar

ご兄弟がいれば同行されるわね。

avatar

avatar

実家が地方だったら、会社の上司とかが付き添って来るだろう。

会社の変な人達って言ってなかった?

avatar

変人じゃなくて、個性的って言ってたのよ!

avatar

avatar

個性的な人ってのは気を使った言い方で、変な人なんだよ。

変な人が沢山来たらどうしましょう。

avatar

薙刀は2本用意して、妹も呼ぶから大丈夫よ。

avatar

縄も用意しましょう。

avatar

暴れたりしたら、バッサリやるから。

avatar

早まって手出しをしないでね。

avatar

avatar

その変人が変わっている人達がいるという組織は何なんだ?

avatar

危ない連中ですかね?

そんな人には見えなかったわ。

avatar

avatar

スーパーマンだって普段はサラリーマンなんだ。

avatar

スパイや諜報部員も大抵はサラリーマンだ。

万一に備えて、こちらも用意はしておきましょう。

avatar

薙刀の師範2人に空手の有段者2人で撃退だわ。

avatar

avatar

お義母さん待ってください、話を戻しましょう。

avatar

取りあえず仮に、うちが5人で、先方も5人としましょう。

そうね、居間に座卓二つ並べましょう。

avatar

avatar

座布団が足りないだろう。

大勢来てもいいようにウチから運ぶわ。

avatar

avatar

面白いこと言った人には、一枚増やすとかだな。

そんな事したら、変な家族だと思われるでしょう。

avatar

avatar

そうかなぁ。

そういうオモテナシもあって良いと思うわよ。

avatar

avatar

今のうちに亀井寿司に頼んでおこう。

avatar

取りあえず特上10人前と大鉢2つ11時に持って来てもらおう。

そうね、もっと大勢来たらすぐ亀井さんに電話して増やして貰いましょう。

avatar

avatar

バタバタしてるけど、今日は幸代のプロポーズ記念日だ、私達の時のこと覚えているかい。

忘れるもんですかベルギーの公会堂で、アフリカの衣装着て舞台の下から「ジュ テ~ム!!マリヨン ヌ~!」で叫んだのよこの人。

avatar

私の時はセーヌ河の船溜まりでアコーディオンの伴奏でコメプリマを歌ってから、何も言わないで指輪を出したのよ。

avatar


幸代が悲しそうに呟いた。

それに比べて私は、新宿の立ち食いソバ屋さんで‥。

avatar

おソバ屋さんの前は、どうしたの?

avatar

そうだ、空を飛んだんだわ。

avatar

avatar

それって、言葉のないプロポーズじゃないかな。

あなたと一緒に見たい景色をプレゼントしたのよ。

avatar

大空から、地球を丸ごと‥。

avatar

avatar

飛行機から見た景色はどうだったんだ。

言葉に言えないくらい素晴らしかったの。

avatar

それでどう思ったの?

avatar

時間が止まればいいなと思ったわ。

avatar

時間が止まったら、ずっと一緒にいるのよ。

avatar

avatar

それが幸せというものだよ。

avatar

飛行機でなくて丘で並んで眺める夕日でも、幸せの瞬間は同じだよ。

プレゼントしてもらった景色の名前、知ってる?

avatar

なんて言うの?

avatar

それは、未来。

avatar



次回 秘密組織を迎え撃つ に続く